朝崎郁恵

朝崎郁恵

1935年11月11日奄美、加計呂麻島、花富生まれ。
奄美諸島で太古より唄い継がれてきた奄美島唄の唄者(ウタシャ)。

奄美島唄の根底にある伝統はそのままに守りながら、ピアノや様々な民族楽器、ミュージシャンとのコラボレーションで奄美島唄の可能性を広げ、その世界を深め続けている。
ニューヨーク・カーネギーホール、ロサンゼルス、キューバ、国立劇場10年連続公演など、数々の大舞台を踏んできたが、1997年に発表した初のピアノ(高橋全)と奄美島唄のコラボレーションCD「海美(あまみ)」 が、ラジオで細野晴臣氏により紹介され、世に広く注目を浴びることとなる。
2002年、「うたばうたゆん(ユニバーサルミュージック)」67歳でメジャーデビュー。
その後も次々とCDを発表。坂本龍一、UA、ゴンチチ、 上妻宏光、姫神など数多くのアーティストと共演。
2011年4月より放送中の、NHK BSプレミアム番組「新日本風土記」のテーマ曲「あはがり」が好評。
また、南海日々新聞社から「ピアノと島唄のコラボレーションという新しい手法で島唄を知らない人々にも唄の深みと『奄美』を広めた」功績により第35回南海文化賞を贈られる。

その魂を揺さぶる声、深い言霊は、世代や人種を超えて多くの人々に感動を届けている。

マブリ

マブリ

奄美シマ唄の第一人者である朝崎郁恵の伴奏者として活動を始めたタナカアツシと奈良大介の二人によるシマ唄ユニット。
2001年活動開始。
ユニット名は「我々は魂込めてシマ唄に取り組んでいる」という意味から「マブリ~魂~」と命名。
ライブ活動を精力的に行い首都圏を中心として全国各地に奄美の音楽をお届けしている。
伝統的な奄美シマ唄を軸に、八月踊り唄や新民謡をマブリ的アレンジで演奏、そしてオリジナル曲も多数あり。
唄・三味線・ギター:タナカアツシ
唄・ジンベ・島太鼓:奈良大介

戻る