ITACA BAND(バルセロナ)

ITACA BAND
(バルセロナ)

ITACA BAND(イタカバンド)は、カタルーニャ出身のメスティソ・ロックラティーノバンド。
元々異なるバンドで音楽活動を続けていたメンバーが、元CHE SUDAKAのHERNAN LUKYとRADIO BEMBA・LA KINKY BEATのCHALART58のプロデュースを受けて、2008年にITACA BANDをスタート。1st EPのプロモーションビデオが高く評価され、BARNASA賞を受賞した。その後、LA PEGATINAをフューチャーした1stアルバム「LA SELVA」をKASBA MUSICからリリース。
このアルバムの成功をきっかけにカタルーニャのみならずバスクやヨーロッパで広く知られる事になり、2011年~2012年には数万人規模の野外フェスに頻繁に出演するようになった。
そして2013年、2ndアルバム「REMA」を発表。
このアルバムにはLA PEGATINAやBONGO BOTRAKOといったメスティソ音楽シーンのカリスマが参加。
レゲエやサルサ・スカ・パンク・ルンバカタラナを取り入れた明るいサウンドが人々に受け入れられ、スペインのビルボードチャートのトップ10入りを果たし、ARC賞を受賞した。
彼らの活躍は留まることを知らず、この頃にはバルセロナのメスティソ音楽シーンのメッカSALA APOLOをソールドアウトするように。
そしてOBRINT PASを輩出した事務所PROPAGANDA PEL FET!にスカウトされ、彗星のごとくメジャーデビュー。
2014年~2016年にはCLOWNIA FESTIVAL・VINA ROCK・ROTOTOM SUNSPLASH・BIME等、巨大な野外フェスで堂々とステージを務めるモンスターバンドへと成長を遂げた。
2015年にはTXARANGOをフューチャーした最新アルバム「TEMERARIO」をリリース。
MANU CHAO & RADIO BEMBAのガンビートのサポートを受けて、ポルトガル・フランス・バスク・バレンシア等を巡るプロモーションツアーを敢行し、大成功を収めた。
満を持して決定した今回の初来日公演。
ITACA BANDの最大の魅力は、抜群の安定感とインパクトある完璧なステージングである。
特にフロントマンのアルベルトの野性的な魅力とオーディエンスの感性を刺激するヴォーカルは圧巻。
カタルーニャの漢達が、日本でも一大旋風を巻き起こす!

戻る