Spinna B-ILL
FRANKIE PARIS
with MYERS ROCK

Spinna B-ILL<br>FRANKIE PARISwith MYERS ROCK

Spinna B-ILL

シンガーソングライター、パフォーマー。
2002年にSpinna B-ill & the cavemansで活動を開始。
「ライオンの子」でリスナーの圧倒的支持を得るも、2005年に惜しまれつつ解散。
その後、Simply RedのギタリストKenji Jammerとの活動を経て、ソロシンガー “Spinna B-ILL”として2枚のアルバムをリリース。
2015年1月には自身初となるカヴァーアルバム「ROMANTIK NOISE」をリリースし、精力的にライブを行っている。
フェスからクラブまで様々なステージに立ち、DJセットからアコースティック、フルバンド等、変幻自在にスタイルを操る。
レゲエ、ソウル、ファンクやヒップホップなど多様なバックグラウンドがありながら、B-ILLがマイクを持つと最早ジャンルの壁はない。
ルックスのみならず、その声や歌唱力も日本人離れしている一方で、どこか懐かしいメロディと独特のフロウにのせた、刺さる言葉でつづられた歌詞もまた根強いファンを獲得している根拠だろう。
まさにOne&Onlyなシンガーである。
FRANKIE PARIS

FRANKIE PARIS

『四国のレゲエ大国』と知られる愛媛県松山市でDeejayを始める。
オールドスクーラーたちの多大なる影響を受け、90s『ダンスホール黄金期』の空気感を全身にまとった彼女の音楽性はまさに「過去」と「現在そして「輝ける未来」を紡ぎ出してあろうことは疑う余地もない。
すでに業界関係者や耳の早いリスナーたちからは注目を浴びる存在であり、"まさに10年代の奇跡、若い子からおっさん迄も喜ぶような歌をうたうアーティストは見たことがない!"と激賞を受けている『ガソリン満タン』のラガマフィンガールである。

MYERS ROCK

名古屋ではマイヤーズと言えばジャマイカ産のラムよりも彼らの事を言うレゲエバンド「マイヤーズロック」
ロックステディから90年代のダンスホー ルを得意とし伝説的アーティスト YellowManやJah Cureのバックバンドを務めたりJohnny Osbourneと発売した7インチシングルは世界のレゲエファンに絶賛され瞬く間に完売。
フランキーパリスの出世作「Only You」をプロデュースし国内レゲエシングルチャート1位に導いた。
この夏Spinna B-ILLとの作品「ココ☆イチ」のドーナッツ盤をリリース。

戻る